×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


TU01.GIFリートフェルト・シュローダー邸TU01.GIF




リートフェルト・シュローダー邸外観

HANA5.GIF デザインに興味のある人なら「リートフェルトの椅子」は記憶に残っているだろう。特筆すべきは内部なのだが撮影禁止なので外観を。ユトレヒトにあるリートフェルト・シュローダー邸はオランダの世界遺産である。
日本語表記では「リートフェルト設計のシュレイテル邸、またはシュレーテル邸」とも言われる。
「なんだ、よくあるモダンな建築じゃないか」と思うだろうが、この建築が1920年代のものなのである。
1920年代といったらアールデコで装飾的でアンティークなイメージの時代である。
女性がコルセットをしてドレスを着ている時代でもある。
その最中に先進を行き過ぎたデザインを遂行したのもだから、当時はリートフェルトも依頼主のシュローダー婦人も非難ゴウゴウ浴びせられ、シュローダー婦人の子供達は「変な家の子供」としていじめられたそうである。
この家の周囲はレンガ作りの古い町並みで、現在でさえかなりういている。
実は内部がかなり面白い。仕掛けやこだわりが随所に見え隠れしまるで「忍者屋敷」のようである。ここに数名友人を連れて行ったが皆口々に「おもしろい」と絶賛。現在のドラマにでも出てきそうなインテリアを80年以上前からデザインしていた、と思うと感無量になる。

リートフェルトのシュローダー邸 Rietveld's Schroder House
http://www.holland.or.jp/nbt/holland_utrecht_rietveld_schroder_house.htm



 ATULL104.GIF

ATULI115.GIF