×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ドイツ・バイエルン旅行(5)---湖のコテージ
HANA5.GIF第3日目

ノイシュヴァンシュタイン城から宿のある村についたら、「ガランガラン」という音が。
牛の首についてるカウベルだった。放牧した牛達が、自動的に自分の小屋へ帰っていくのだった。

牛の帰宅時間。車道が牛で…

夕食は付近のガストホフでバイエルン名物
豚スネ肉のローストとルートヴィヒ2世ビールを堪能。

ルートヴィヒ2世ビール
黒と白の2種類。
バイエルン名物、骨付きすね肉のロースト。
(シュヴァインハクセ)
ブレッドのクヌーデル
赤きゃベつのザウアークラウト
厚切りシンケン(ドイツのハム)のシュニッツェル
チーズのせ

このガストホフは地元のパラグライダーたちの溜まり場で、
ノイシュヴァンシュタイン城に行った事を話したら
「そんな混んだ観光地に行くよりパラグライダーをしなさい」
と薦められた。
地元の人はそんな感覚なのでしょうか…。
また次回に、と言って誤魔化す。

上級者はノイシュヴァンシュタイン城を見下ろす高所から飛ぶ。
空から眺める夢の城は格別だろう。
付近の地図

その後、湖の側のコテージに宿泊。
F氏が素晴らしいところをとってくれた。
湖をはさんでノイシュヴァンシュタイン城と
ホーエンシュワンガウ城が見えるという
素晴らしいロケーション。

玄関の鉢植えに刺してあるのは
ドイツ国旗ではなくバイエルン国旗。
この地の人々のメンタリティーを象徴している。

泊ったコテージ 可愛い玄関

コテージのテラス 部屋から湖が。

私の泊まった部屋からも湖と城が遠く見えた。
城を撮影した写真がうまくいかなかったのでのせていないが
夜はライトアップしたノイシュヴァンシュタイン城とホーエンシュワンガウ城が湖を隔てて見えた。

宿はおじいさんが一人で切り盛りしている。
優しい素敵なおじいさん。
翌朝宿を出るときは「また来なさいね」と言ってくれた。
宿の朝食

ATULL104.GIF

ATULI115.GIF

(C)2005 Run@Utrecht & オランダの羊