×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ドイツ・バイエルン旅行(11)---ニンフェンブルグ城(1)
HANA5.GIF第7日目
ニュンフェンブルグ城へ向かう

ホテル近くの建物

お城はとにかく広いので、体力をつけなければならない。しっかりと朝食を摂取する。
近所のパン屋で朝食。カフェオレとチーズプレッツェル マクシミリアン像前でトラムに乗りそのまま城へ

トラムで40分くらいでニュンフェンブルグ城近くの停留所に到着。遠くに城が見える。
白鳥とお城

ニュンフェンブルグ城はバイエルン王国の君主を輩出する一族
ヴィッテルスバッハ家(Wittelsbach)の夏の離宮であった。

そしてルートヴィヒ2世が生まれた場所。

また、フランス映画「去年マリエンバート」で(L'Annee derniere a Marienbad)のロケ地でもある。


ホール

ここの名物は美人画ギャラリー。
ルートヴィヒ2世の祖父のルートヴィヒ1世が
見初めた美人達の肖像画が飾ってある。
美人だったら靴屋の娘でも何でもOK、
という誉れの高いギャラリーであった。
ローラ・モンテスの肖像も。
アイルランド生まれなのに、スペインの踊り子、と銘打ち
高級娼婦として数々の男性遍歴を重ねた後ミュンヘンに渡る。
そしてバイエルン国王ルートヴィヒ1世の愛人となる。
それまで名君の誉れ高かったルートヴィヒ1世は、
彼女にお熱になるとたちまちバランス感覚を失ってしまった。
多額の年金や称号を与え、内閣解散まで。
ミュンヘンではローラ追放を求め、ついには暴動にまで発展。
ローラ追放後は、
彼女とのスキャンダルによりルートヴィヒ一世も退位。

ルートヴィヒ2世が生まれた部屋を見る。
このお城や、レジデンツは内部の撮影OKだが
ルートヴィヒ2世の城は撮影近視なのはなぜだろう?

小さなベッドで出産したんだななあ。

と誰もが思うだろうが、昔の王族は
座って、といううか
リクライニング状態で寝たそうである。
ベルサイユ宮殿のベットもこんなスケールなのは
半座用サイズだからとのことである。

オットーとルートヴィヒの少年期の石膏像。
近くで見れないの残念だった。

少年ルートヴィヒ2世と父、母、弟 ルートヴィヒ18歳位。美青年期 ルートヴィヒ晩年。美食で太った

ATULL104.GIF

ATULI115.GIF

(C)2005 Run@Utrecht & オランダの羊